> お知らせ&リンク
タグ:物欲整理 ( 3 ) タグの人気記事
今年の目標を設定。
さて新年という事で、今年のアクア関連の目標を掲げようと思います。

アクアリウム
1.メイン30Cをレイコンに出す。
2.サブ水槽・川魚水槽はできる限り長期維持する。
3.60OF水槽の準備を進める。
(4.仮に川魚が星になった場合には、それを水上水槽とする。)

カメラ
レリーズ≧三脚>デジタル一眼≧標準単焦点レンズ
  →以上の順に揃える。
デジイチはCanonのX4にする。7Dが本当は理想。しかし現状では、およそ5万円の差額を出している自分を想像できないw

こんな感じでしょうか。7Dを諦めるのは苦痛でしたが、実際そんな高級機を必要とする腕も無いかな?w
その資金はレンズやアクア用品に充てようと思います。

ちなみに今の僕は実家暮らしで、新たな水槽を置いたりサイズアップする為のスペースはありません。ですので60OF水槽も、一人暮らししてから・・・という気の長~いプロジェクトになっていますw

さて、ようやく今日はアクア初めになりそうです。
レポートで手間取りまして、平日が潰れました。(^ ^;



次回はそのアクア初めの記事か、10~12月期のアクセス解析になります。

ポチっと、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


一人暮らししたら・・・
[PR]
by leon_aqua | 2011-01-08 10:25
【シリーズ・物欲整理】 vol.2 水景撮影のための三脚選び
シリーズでお伝えしております「leon_aquaの物欲整理」

自分用の整理記事ではありますが、皆さんのご意見をいただけると幸いです。



さて、本日の整理項目は・・・

1.デジイチ&レンズ

2.三脚(水景撮影用)

3.ブセファランドラ水上化用の水槽
4.新規水槽(60P~90Pで迷い中)


です。


それでは参りましょう。





まず初めに、今回の記事は買いたい物が全く決まっておりません。
カメラの時とは違い、調べるのが面倒くさ大変でしたので。


そこで今回は、少し調べた時の知識を書き、後は皆さんに補正していただきたいのです。
そのコメントを用いて記事を訂正していき、最終的には
水景写真のための三脚選びの道標になればなぁ・・・などと大それた事を考えていますw。
意外と三脚については詳しい記事って見ませんので。





とりあえず、水景写真≒風景写真だと考えていいと思います。
なので風景を撮るために必要な三脚が基準になると思います。


【脚の材質】
カーボンとアルミの2種類があります。
カーボンは軽いが高い、アルミは重いが安いという特徴があります。

三脚は安定感が大事なので、本来は重いほうが良いそうです。
しかしカーボン製は剛性が強い(丈夫ってこと?)ので高くなっています。
水景の撮影は風には左右されないですし、余裕があるなら軽いカーボン製のほうがオススメです。
もしも風の強い屋外で撮影する場合には、下に重りを付けるなどのテクニックもあるそうです。


【脚の段数・高さ・太さ】
3段と4段があります。
段数が少ない方は安定感があり、多いほうは畳んだ時に短くコンパクトになります。
水景撮影程度では大きな違いが出ないような気もしますので、
ここはお好みで良いかと思います。

ちなみに、太い方から伸ばすのが基本です。(安定感があるので)

脚の高さは、脚を完全に伸ばした状態で目線と同じというのが目安だそうです。

脚の太さに関しては、太い方がより安定するそうです。(当たり前?)


【エレベーターの取り外し】
三脚の中心にあるポールの事を指します。
高さが足りない場合などは、コレを伸ばして高さを稼ぎます。
これを取り外すことができる機種の中には、ローアングル撮影が可能な機種があります。

ローアングルは葉っぱの撮影などに便利そうですよね。
マクロレンズで背景をぼかしつつ、銀粉や迷彩柄をブレずに撮れそうです。

この機能に関しては、良い三脚には大抵付いてくるようです。
無いよりはあった方が楽でしょう。


【雲台】
雲台とは、カメラを乗せる台のことです。
3WAY雲台と、自由雲台とがあります。(他にもあるかも知れませんが、今回は無視ですw)

3WAY雲台は構図設定重視の時に、自由雲台は手持ち感覚で対象を追う時に使います。
このことから、水景撮影には3WAY雲台が吉、という事になります。

また、雲台には取り外し&付け替えが可能なものもあります
世のお父さんアクアリストの方々は何も水槽だけ撮るわけではないでしょうから、
単品売りの自由雲台と付け替えて、奥さん&お子さんのポートレートを撮っても良いと思います。

また、雲台に水準器が搭載されているものもあります。
無くても別売りで売っているらしいので、それを用いればキッチリ水平を出して撮れるかと思います。
*水準器は2つ(雲台と別売り、みたいに)を併用すると、きちんと水平を出せるそうです。




こんなところでしょうか?

皆さんのコメントを総合しての僕の感想ですが、
頑丈で安定感があり、3WAY雲台+水準器が付いているもの
これがベストですかねぇ・・・。
それに別売りの水準器を追加していく感じでしょうか?
将来デジイチを買うことも想定に入れ、それも十分支えられる三脚を探しておくことにします。(以上追記)

もしも他にお気づきの所があればコメントしていただけると幸いです。
追記します。
もちろん、初コメでも大歓迎ですよ~♪

今回は自分の疑問を解決する為に書いたようなものですので、間違いはビシバシ指摘してください。
と言ってもその特典は、僕が余計な買い物をしないで済む、という事だけですが。(笑



次回は洋ランを久々に登場させる予定です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-10-14 17:33 | IAPLC
【シリーズ・物欲整理】 vol.1 デジイチとレンズ
前回記事にもありますように、これから「leon_aquaの物欲整理」と題したシリーズを書いていこうと思います。
時々ですけどね。

自分用の整理記事ではありますが、皆さんのご意見をいただけると幸いです。



とりあえず今欲しいモノをリストアップしてみます。

1.デジイチ&レンズ
2.三脚(水景撮影用)
3.ブセファランドラ水上化用の水槽
4.新規水槽(60P~90Pで迷い中)


バイトもしてない学生のわりにはゼイタクですね。
まぁ気長に揃えようと思っていますので良いんです。


さて早速ですが、本日の整理項目は・・・
1.デジイチ&レンズです。


それでは参りましょう。





【メーカー】
デジイチを購入するにあたって、最初に検討するのはメーカーですが、これに関してはキャノンにするつもりです。
理由は単純にウチにフィルム時代のがあるからです。
APSサイズだとレンズの焦点距離が1.6倍になりますが、標準‐望遠のズームと割り切れる分良いかな、と思ってます。
メインの被写体が水槽なので、おそらく必要ないですけどね。



【ボディ】
我が家には「どうせ買うなら良いものを」という不文律があります。(笑
なので比較するのは最新機種で、という事になります。
今の所、60DとX4の2択で悩んでいます。
以下は僕の考えるメリット・デメリット等の要素です。

60D
バリアングル機能が魅力。
メイン水槽は玄関にあって狭い為、正面に立つと自分の体が邪魔になります。(笑
横からでも液晶で確認できるのは高ポイントです。
その点で、7Dは候補外でした。(フルサイズは初めから無いですw)

デメリットは値段などです。
X4との3~4万円の差は大きいです。
それと、僕レベルには分不相応な気が大いにします。(笑
「ボディよりもレンズにお金を」という話も聞きますので、そこがネックではあります。

X4
メリットは安さと安心感です。
安心感っていうのは「分相応な感じ」という意味です。(笑

デメリットは僕の父です。
どうも「X4+タムロン18-270ズームレンズ」のセットで買おうと画策しているようです。
家計は厳しいので当分先っぽいですが、カブるのって面白くないですよね。(笑
もしそうなったら、先にレンズを買ってボディを借り、後に自分で60Dクラスを買うことになると思います。


この2択に関しては後述のレンズとの兼ね合いもあるので悩みますが、安さでX4が一歩リードしています。



【レンズ】
ズームに関しては今の所却下です。
先述の父が買いそうなレンズや、フィルム時代のレンズで補えます。
なので狙い目は単焦点レンズになります。

僕は既にGRD3を持っていますので、広角領域はそれで補えます。
水景写真から普段使いに・・・となると標準~ちょい広角あたりのレンズが欲しいところです。
狙いのカメラがキャノンAPSサイズなので、「1.6倍で50mm以下」が狙い目となります。
30mm以下のレンズってことですね。(あれ?合ってますよね?w
35mmレンズも近いですが、水景撮影だとちょっと望遠気味に感じそうなので却下です。

自分で4つまで絞り込んで、メリット・デメリットを挙げてみました。


純正:EF24mm F2.8
メリット
フルサイズ換算で40mm弱なので、広角過ぎず標準過ぎずと水景撮影には良さそうな印象。
値段も中程度なのはGood。

デメリット
この焦点距離にはLレンズが存在すること。
レンズにお金を・・・を後に忠実に実行した場合、お蔵入りしそうで勿体無い気がする。
今のままならLレンズを手に入れることなど無いので気にする必要は無いかもしれないが、
今は買わないでおいて、Lレンズを諦めた時の選択肢にする、という考え方もアリかもしれない。

追記:さっきLレンズとこれを比較していたのですが、10万円の差があるんですよね・・・。
そんな金があったら、先に水槽を拡張したいですね。(笑
そんな訳で、このデメリットは無いものと判断しようかな~、と思いますw。



純正:EF28mm F2.8
メリット
純正では一番50mmに近いレンズという点。
そして安いw。カカ●コムでは他より1万円は低いのが魅力。

デメリット
ちょっと頑張れば後述2種のレンズを買える、という点。
これを買うと、レンズにお金を・・・の趣旨から外れてしまう気がする。


純正:EF28mm F1.8 USM
メリット
純正の安心感に加えて、良いレンズを買うという趣旨も守れる。
⇒⇒⇒前後(24mmと35mm)にはLレンズがあるが、ここには無い。
レンズも明るいのはGood。水景撮影にはもってこいです。

デメリット
この中では一番高い。
Lレンズを平気で買うようになればチョロいんでしょうが、今の僕には高い壁です。(笑


シグマ:30mm F1.4 EX DC HSM
メリット
この中では一番50mmに近い
値段も中程度なので、さほど苦にはならない。

デメリット
最短撮影距離が40cmと、少し遠い。・・・結構これは痛い。
現在の置き場所のままなら、撮影時に不便なのは間違いない。(特にX4との組み合わせでは)
また、最初のレンズが純正でないのは少し不安でもある。





こんな感じですかねぇ。
上記の内容で僕が勘違いしていれば訂正をよろしくお願いします。(笑


僕の中では、
カメラは「X4 > 60D」で、あとは父の動向次第。
レンズは「28mmF1.8 > 28mmF2.8 >>> 24mmF2.8 > シグマ30mm
 28mmF1.8 = 24mmF2.8 > 28mmF2.8 = シグマ30mm」

この様になっています。

レンズの後ろ2つはデメリットが大きいです。24mmに関しては見栄っ張りな部分もありますwww。
追記:24mmレンズの追記の通り、Lレンズについて考えない方向で再検討しました。
その結果、2つが同率で並ぶ感じに・・・。(汗

どちらが良いか悩みが深くなりました。(笑



とは言え僕はまだ素人です。
使用経験がある方や予測が付く方で、「こっちのが良いよ~。」などがあれば教えていただけると嬉しいです。
コメントお待ちしています。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-10-10 15:03 | Aqua Photo
   

LEON_AQUAのA面。
by leon_aqua
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> 検索
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧