> お知らせ&リンク
タグ:構図 ( 12 ) タグの人気記事
60水槽リセット 7月4日
 今日は休みでした。そして先日、遂に自室の水槽台が完成しましたので、60オーバーフロー水槽のリセット&自室への移動を行いました。

e0185865_22141587.jpg
 オーバーフローは濾過槽の移動が面倒ですね(-_-;)
e0185865_22142546.jpg
e0185865_22144613.jpg
 濾過器具を全部外して・・・
e0185865_22145657.jpg
 濾材は10リットル弱ほどあります(バケツは8リットル)
e0185865_2215864.jpg
 生体(HANABIが3匹とヤマト2匹)は、水草と一緒に一時待機です。


 ここまでで3時間もかかってしまいました。滅多にリセットしないので、要領を掴めません。おまけにオーバーフローですし。
 そしてこの後も、 水槽と器具の洗浄 設置 レイアウト構図を考える などの作業があり、結局1日仕事になりました。


e0185865_22152030.jpg
 構図はこんな感じです。石は結構あったんですが、この水槽にはロンボケを入れる予定なので流木の方が合いそうです。でも3本しかなくてコレですw
 一応三角構図です。右の流木の直角具合が気になりますが。。。

 流木は屋外保管だったので一応洗ったんですが、念のため数日間水の入れ替えを行ってから生体導入に移ろうと思っています。


 それよりも大きな問題も発生しています。自室に設置したという事は寝室でもあるわけですが・・・オーバーフローの落水音がうるさいです(-_-;)
 思った以上なので気になります。弟と相部屋なので、文句を言われたら(これを書いている現在で、既に言われそうですが)念のため購入しておいたエーハイム500に交換しようと思います。

 そういったことを含めて、続きは後日。

Canon EOS kiss X5
TAMRON SP AF 17-50mm (Model A16)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-07-04 22:35
新旧NAスタイルを同時に楽しむストック水槽、完成。
 30キューブに水草を配置しました。基本はストックなので、それらしく配置しています。

e0185865_230835.jpg
 正面から。古典的NAイメージ。テネルス(水上に上げたもの以外はロストしたと思っていたら、繁茂した水草の中から出てきた)とクリプトコリネ・ゲッコーの配置を、前回の写真の後で変えています。

【前景】 ブセ(クア2と思ってたけどクア1?)、エキノドルス・テネルス、アヌビアスナナ・プチ、オーストラリアン・ドワーフハイドロコタイル
【中景】 アヌビアスナナ・ゴールデン、アヌビアスナナ、ブセファランドラ西カリマンタン
【後景】 インレーロタラ、ミクロソリウム・ナローリーフ、クリプトコリネ・ゲッコー、アヌビアスナナ・アイズ


e0185865_2392728.jpg
 右サイドから。以下の通り、葉っぱの大小で奥行き感を演出しています(若干過剰な気もしますがw)。
【ブセファランドラ】 西カリ→クアラクアヤン
【アヌビアス】 アイズ→ノーマル&ゴールデン→プチ
【ロゼット型】 クリプト→テネルス

 ただ、この配置だとインレーロタラが奥行き感をぶち壊しそうなので、(正面から見て)左奥→右奥へと植え替えようかと思っています。あまり掻き回したくはないので、水面に到達してからにしようかと思っています。



今回、アヌビアスナナ・アイズの20cm程度ある大株が余ったので、希望者がいたらプレゼントしようかと思います。
写真はまだ無いのですが、とりあえずこの記事のコメ欄で仮募集を行います。
1人でも興味ありとのコメがあったら、写真をUPして本募集をかけようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-05-12 23:23 | 寿30C(~2012.07)
生体移動なんてしていたら、当然のごとくリセットが始まる。
 祖母宅の60OF水槽を水草水槽に変更したのは数回前の記事で書きました。その後はコケ取りに入れたヤマトヌマエビ1匹しかおらず、祖母が随分と寂しそうでした。
 しかし、かといって新規の生体をお迎えできる状態でもなかったので、30キューブ水槽からハナビ3匹、ヤマトもう1匹、ミナミヌマエビありったけを移動させることにしました。
 
 ※書いていませんでしたが、ヒーター故障事件が数ヶ月前にあって、それ以外の生体(プリステラ7匹、ハナビ2匹、ブルーネオン)は☆になってしまいました(´;ω;`)


 とにかく生体の移動をしたわけですが、、、


e0185865_0133113.jpg
 ・・・こんな感じです。全部の水草を抜いてからでないと捕獲できず、ついでに底床の汚泥抜きを行ったりして結果として半リセットになりました。
 真ん中にはドーンとアヌビアス類が居たんですが、あまりにも大きくなりすぎていて、時間が無くて処理できませんでした。
 そもそも去年12月にアヌビが大きくなりすぎたと思いトリミング&巻きなおしを計画していたんですが、利き手を骨折してしまって出来ませんでした。それから4ヶ月経過していたわけで、そうなっているのは想像できた話ですけど。

 ちなみに、アヌビアスナナ・アイズ(ノーマルより一回り大きい種)の根茎はこんな感じになっていました↓
e0185865_017356.jpg
e0185865_0174885.jpg
 太さも長さも、例えるならボールペン並みでした。



 ちなみに、新たな水景(?)は底床を左奥に向けて盛り土しています。これは置き場所の関係で、右サイドからも見られる水景にしてみたかったからです。
e0185865_0271642.jpg
 右サイドからの眺めはこんな感じです。

 一応、メイン方向からは昔からのNAスタイル、右サイドからは近年のNAスタイル(手前に大きい水草、奥に小さい水草)といった感じに出来ればと思っています。あくまで、あくまでも予定です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-05-09 00:47 | 寿30C(~2012.07)
バックって聞くとカエルを連想する。
両親(種子島出身)が大型のカエルをそう呼ぶんですよね。
これ鹿児島本土ではどうなんだろか?

e0185865_1154814.jpg
さて、バックスクリーンを取ってみました。
壁紙によって白バックみたいになっています。

う~ん、有茎草の存在感が皆無ですね。(^ ^;
白とびの影響もありますが、それ以前に植栽量が足りていないです。

それとグリーンロタラが直立してしまって、前景との繋がりがない気がします。
まぁ新たに草を買い足すお金は無いので、オークロを少し移植してみます。



昨日のアレの本家本元ですね。言われるまでもないですがwww
twitterでも書きましたが、小学校時代に“名栗村”って所で林間学校(キャンプ)がありました。
コレを連想するな、ってほうが無理があります。(笑

今から一緒に、これから一緒に、名栗に行こうか・・・。



ポチっと、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-12-18 11:23 | ADA30C(~2011)
アンプル de スコップ
最近はコンテストに出そうとメイン水槽の手入れに注力しているレオンです。

今日はその作業の中から、盛り土の維持に関するお話を。





盛り土は、前景草が生え揃うまでは崩れるものらしいですね。

エビなんかも崩す要因となるようです。



前面に崩れてきたソイルは、ホースで吸い出して盛り土し直すのが通例かと思います。



しかし、30Cのようなミニ水槽だと問題も発生します。

ホースの吸出しは問題ないです。

吸い出す量が少ないので、むしろ楽です。


土を盛りなおすのが大変なのです。

普通のスコップだと小回りが利かないんですよね~。





そこで、またもDIYに頼ることにしました。

e0185865_9181222.jpg

このブログでは、もはやお馴染みになりつつある(?)アンプルの容器を使ったDIYです。

底を切り取り、スコップ型にハサミで切るだけです。


名付けてアンプルスコップ!!!


そのまんまだろ!・・・という突っ込みは無しで。(笑


これならピンポイントで盛り土をやり直すことができます。

切り方次第で、用途は無限に広がります!(通販的な売り文句


ちなみに、上のは失敗作です。

切込みを入れすぎて、土をキープできません。

改めて作り直したヤツの方が機能的だと思います。
e0185865_9261985.jpg


名付けてアンプルスコップ改!!!(しつこい

キャップ部分を切り取って、取っ手部分から更にピンポイントで土を盛ることも可能になりそうです。

そうなった時の新たなフタも含め、改良の余地はありそうですね。





とにかく、ミニ水槽での盛り土の維持に苦心されている方。

是非ともお試しあれ!




ランキング参加中です!
リンク・コメントもお気軽にどうぞ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-09-28 09:36 | DIY
メイン水槽に大きく手を加えました!
先日訪問したアキバのPCショップからカップリングの入荷連絡がありました。

週末に行って来ようと思っています。

帰りには新宿のアクアフォレストさんでプラチナソイルを購入するつもりです。

一応予定日は明日です。(何も産みません)





それはさておき、昨日は大作業でした。

メイン水槽の大改革(リメイク)を行った為です。

予想以上に大変だった為、写真は殆どありません。(^ ^;





まずは水草を根元から切ってバケツに移します。

そうしてすっきりした所で、魚&エビを捕獲します。


e0185865_16332433.jpg


前景草の部分以外はまだやっていなかったので、ここで汚泥抜きをしました。





次に、ガラス上部のカルシウム汚れをクエン酸除去します。

その後で一旦水を張り、ガラス面のコケを落とします。

そして、前面のソイルを後方に盛り土しました。
e0185865_16384100.jpg

前3cm・後ろ10cm、といった所でしょうか。





昼食タイム





さて午後になって、水草の整理に移りました。

ここが一番面倒でした。(笑

下茎部は痛んでますし、それぞれ絡まってて色々と折れそうになりました。





さて、それが終わったらいよいよ植栽をしました。

後ろの水草の配置は少々変更しましたが、基本的には変わりありません。
e0185865_16444430.jpg
茶漉しは無視してください。 リシアの養生中です。

設置から約1年経ちましたので、念のためイニシャルスティックを少々埋め込んでいます。(20粒程度)

ビビパラ(カットしたので見えませんが)&テネルスの所にはマルチボトムを半分ずつ埋めています。





感想ですが、盛り土をしただけで大きく印象が変わった気がします。(^ ^

維持が大変そうですが、頑張りたいと思います。

前景には、まだ手を付けていないリシアやショートヘアーグラスを絡めて自然感を出してみたいです。




ランキング参加中です!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ


今日の一曲(前にこの曲使ったかも知れませんw)
[PR]
by leon_aqua | 2010-09-10 17:03 | ADA30C(~2011)
東大ノートでレイアウト!
4日も更新しなかったのは久々かもしれませんね。

リンク先の方々の更新はチェックしていましたが、コメントできずにおりました。

これから向かいます、たぶん。(犯行予告)

今日は洋ランのネタもありますので宜しくです。(^ ^






皆さんは、レイアウトをする前にイメージ図を描きますか?

あらかじめ描いておけば植栽の時にも悩まずに済みますので、やっている方も多いと思います。


僕はまだ2回しかレイアウトをしたことが無いのですが、大学での暇つぶしも兼ねてwよくイメージ図を描いています。

今日は、その際に用いている方法論をご紹介したいと思います。





大抵の場合、イメージ図はチラシの裏とかに走り書きで済ませる方が多いかと思います。

しかし僕は細かい性格をしている為、書く紙にもこだわっています。


そんな僕が使っている紙はコチラです。
e0185865_9533218.jpg

東大ノートという名のノート(これはルーズリーフ)です。

これは罫線にドット罫線というものを採用しており、綺麗なマス目を引くことが出来ます。

これが水槽の絵を書く際に最適なのです。

縦横比を完璧に描けるのが最大の利点です。


ちなみに、このルーズリーフには「しっかり書ける」「さらさら書ける」の2種類が存在します。

上のは「しっかり」の方ですね。

僕は比較の為に両方買ってみたのですが、水槽のイメージ図を描くなら「さらさら」をオススメします。

「しっかり」の方は、消しゴムをかけても痕が残ってしまうので不向きです。

今回はこちらで描いたので、見苦しい部分もあるかと思います。





それでは、僕のやり方をご紹介していきます。

今回は60規格水槽(60*30*36)を基準にしてお話いたします。

僕は持ってないんですけどね。(笑


ノートは通常、一番外側は使いません。マス目が正方形になっていない為です。

使えるのは1列内側の部分、34×26マスになります。
e0185865_1093539.jpg


60Pの正面の比率は5:3です。(因数分解してみましょう)

上記のマス目で最大サイズで書こうとすると、30×18マスが最高かつ最適です。

このマス目を引いてから、次に進みます。





上記まではボールペンで書くほうが良いですが、ここからはシャープペンシルをオススメします。

外枠を引いたら、次は対角線を引きます。
e0185865_10135431.jpg

これで、縦横比を間違えることなく奥行きを出せます。



線を引く位置は、お手持ちのカメラ・レンズでの見た目に合わせると良いかと思います。

実際の見た目に合わせると、イメージも湧きやすくなります。


望遠(標準?)気味に
e0185865_10153318.jpg

広角気味に
e0185865_10172397.jpg


この様にして、空の水槽を描いたら先へ進みます。





いきなりですが、ソイルを敷いたイメージまで一気に書きました。
e0185865_10224587.jpg


今回は、奥行きを5マスで書いてみました。

流木組みの場合、基本的には【前4cm・後ろ6~7cm】でソイル等を敷きます。

今回の図では、【前2マス・後ろ2・5マス】→【前4cm・後ろ7.5cm】になるように描いています。




底床に書いたピンクの線は、奥行きを5等分する線です。

60Pは奥行き30cmですので、1マス6cmという事になるわけです。

前景・中景・後景のバランスを考える際に役立つと思います。



あとは、コレに植えてみたい水草を構図素材と共に書き込めば良いわけです。

紙の上ですので、持っていない水草・素材もよし、既所持の物でイメージするも良しです。





色々と書いてきましたが、「普通ここまでしねーよ」という方が殆どだと思います。(笑

ええその通り、完全に自己満足です。(爆



しかし不景気の昨今、レイアウトを新たに作るのはお金もかかります。

また生体へのストレスになるのでやらない、という方もいるかと思います。


奥行き・水草のサイズまで考えながら描くこの方法は、そんな状況の方にゼヒお薦めしたい方法です。

ショップで水草のイメージを叩き込んで、家で紙に描き出す・・・。

こうして奥行きをイメージしておけば、いざ水草を植えた時に「あれ?思ったよりも場所を取るな?」といったミスを避けられるかもしれません。




僕はそんな事を考えて、今日も暇つぶしをしていますw




ランキング参加中です!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ


【デンファレ】高芽の管理
[PR]
by leon_aqua | 2010-09-06 10:45
Road to IAPLC2011




IAPLC2011に参加してみようと思います。










というわけで「Road to IAPLC2011」始動です。(^ ^

これまでも各所で「参加してみたい~」とは言っていたものの
なかなか真摯に取り組んでこられませんでした。

そこで、あることからきっかけを作ってみました!




e0185865_6394177.jpg

e0185865_6404919.jpg




これで解る方は相当なleon_aqua通です。(^ ^


メイン水槽とサブ水槽とを入れ替えたんです♪


これまではメイン水槽は祖母の部屋にあったので、トリミングよりも祖母との会話が主でしたからね~。
レイアウトも適当になりつつあって・・・。

逆にサブ水槽に対しては、水質には気を使うもののトリミングは少なめですからね~♪
有茎草は今まで1回しかトリミングしてませんし。(CO2無添加の為)



そんな訳で 「あるべき所にあるべき水槽を」 の精神で入れ替えを行いました♪
これからはメインのレイアウトにしっかり向き合おうと思います。


あ、配石や配植は変えないでいこうと思います。(リシアは追加しますがw)
配石に多少の不満はあるのですが、はじめて作ったレイアウトなので。(^ ^
何が何でも、初参加の水景はこれにしようと思います。





e0185865_657229.jpg

まずは浮きグロッソを何とかしなければ!(笑



ランキング参加中です!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-08-10 07:03 | IAPLC
スネール駆除と、ストック水槽の植栽イメージ。
昨日は前回に言ったスネール駆除をやりました。

1.水槽から水草(活着済み)を1つずつ取り出し、
  葉の表裏を丁寧に見てスネールを除去。
2.水槽内に残ったスネールを取り出し、溜まったヘドロも吸い出す。


こういった手順を踏みました。
水草を水槽内に戻した後も1時間おきに観察して、
隠れていたスネールを発見し次第除去しました。(^ ^
e0185865_1151215.jpg

これ以降のスネール対策は・・・

1.発見したスネールはすぐに除去。
2.換水・足し水を控える。

 →水道水からのカルシウム分の補給を断つ。(貝殻を作れなくなるかなぁ、と思う)
3.クエン酸の投与。(笑
 →前回記事のコメントでのほんだしさんのアイディア。
  酸性になれば増えにくいそうです。
  でもこれをやると「クエン酸のleon_aqua」みたいな異名が付きそうですね。(爆


------------------------------

話は変わって上の写真、水草を一ヶ所に集めています
これは、ストック水槽を立ち上げたときの植栽イメージを掴むためです。
要するに、活着水草の占有面積を調べたかったということです。(^ ^


そして、それを元に作った植栽計画がこちら。
e0185865_11551412.jpg
①パールグラス
②ロタラ・インディカ(屋外にて増殖中)
③ニードルリーフルドウィジア
④グリーンロタラ
⑤エキノドルス・テネルス
⑥ミクロソリウム・セミナロー
⑦ミクロソリウム・ウィンデロフ
⑧ミクロソリウム・プテロプス
⑨オーストラリアン・ドワーフヒドロコティレ
⑩アヌビアスナナ・ゴールド
⑪アヌビアスナナ
⑫アヌビアスナナ・プチ
⑬ショートヘアーグラス
⑭グロッソスティグマ


後景は「緑・赤・赤・緑」となっていて若干不満ですが、
パールグラスもグリーンロタラも条件次第では横に広がるので、両端に配植しようと思います。(^ ^
もし拡がらなければ、トリミングで凸型構図にしようかな、と思ってます。

中景は活着水草とオークロ。
アヌビアス・ゴールド(黄緑っぽい)の後ろにオークロを植えて、色の連続性を持たせてみようと思います。

前景は左にグロッソ、右にショートヘアーグラスを植えて、
 中景のテネルスへとつながるイメージです。(^ ^


前から見たイメージ。
4色ボールペンで書いたので色がおかしいですが無視してください。(笑
e0185865_1233091.jpg




まぁこんなこと言ってますが、
最初は育成で手を焼くとは思いますね。(爆


次回は「Black Frame」になる予定です。

↓応援、よろしくお願いいたします。(^ ^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

今日の1曲
[PR]
by leon_aqua | 2010-05-22 12:20 | 寿30C(~2012.07)
後景草、いよいよ差し戻し! その1
怒涛の連日更新が続いてます。
4月からは大学の授業も始まって、やりたくてもできない状況になるので、
今のうちにやれることはすべてやる心づもりなのです(^ ^


さて、今日は久々のADA30Cです。
e0185865_21473063.jpg


このモッサリした後景草(グリーンロタラとニードルリーフ)を根元からバッサリいきます。

・・・本当はロタラだけのつもりだったのです。
しかし、ロングヘアーとオークロ、さらにはパールグラスとグロッソと、他の全ての水草が絡み合ってくんずほぐれつだったんです。(笑
仕方なくニードルエリアも切ることに・・・。


で、バッサリいきました。
e0185865_21514867.jpg
こうして見ると、意外と密度が無かったんだなぁ、って思います(^ ^;
そういやぁ、ニードルリーフは植栽後に半分くらい溶けたっけ・・・。


そんなこんなで収穫した後景草&その他を、自室に持ち帰って分別しました(^ ^
e0185865_215548.jpg
左が廃棄、右が保持です。(当たり前
・・・パッと見で解ると思いますが、ロタラがほとんど残ってません(T T
ニードルは購入時20本→溶けて半分だったのですが、大分増えてました。
あと、オークロやパールグラスも結構混じってましたが、双方調子が良いので今回は思い切って廃棄しました。


そして長さの揃ったもの同士を束ねます。(長さの指標としてADAプロシザース・ショートを置いてます。)
e0185865_21591534.jpg
一束が4~5本です。
・・・ロタラは左端のは使えそうも無いですね(笑


今日はもう時間がありませんし、明日も植栽できるか微妙な状況ですので、とりあえずヒーターぶち込んだバケツに入れときます。
e0185865_2232959.jpg
一応be-Brightも半キャップ程添加しました。
明日植栽できそうも無ければ、バケツから水上葉水槽の腰水の中に移します。(照明が当たるように)


本日は以上です。





う~ん、でもこれを植えないで夏っぽいレイアウトに変更ってのも良いかなぁ・・・。
e0185865_2264068.jpg


                                         裏ブログ『NO PLANTS, NO FISH.』もよろしく。
[PR]
by leon_aqua | 2010-03-29 22:12 | ADA30C(~2011)
   

LEON_AQUAのA面。
by leon_aqua
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 検索
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧