> お知らせ&リンク
タグ:器具 ( 13 ) タグの人気記事
水槽台の電気配線の整理
 現在の60水槽は自作水槽台(W650 D600 H850)に載せているんですが、配線がゴチャゴチャしていたので整理整頓をする事にしました。
 多くの方が使ってらっしゃるであろう100均のワイヤーネットで始めたんですが、テーブルタップの取り付けで困ってしまいました。S字フックを取り付けられなかったんです。
 これに関しては針金で固定しても問題は無いんですが、見た目が気に入らないだろうということで別の手段を考えてみました。

e0185865_17511915.jpg
 まずはホームセンターにて、ボールチェーン用の固定器具と、3×15mmの小ネジを買ってきました。小ネジはワッシャーとナットも必要です(これは付属していました)。
e0185865_17532814.jpg
 これをワイヤーネットに取り付けます。見ていただければ分かりますが、【テーブルタップに差し込む空間→ナット→ワッシャー→固定器具→ワッシャー→ナット】の順で取り付けました。
e0185865_17561091.jpg
 そしていきなり完成図です。プログラムタイマーはS字フックでも大丈夫でした。奥には逆サーモとサーモも掛けてあります。あの位置じゃないとセンサーコード長が足りません。・・・あれはもっと長くしてほしいですよね。
e0185865_17582576.jpg
 反対側には半分サイズのワイヤーネットにトリミングハサミを掛けています。これだとプロレイザーを掛けられないので、そのうち対応するフックを探してきます。手前の箱には水質調整剤と肥料、およびpHチェッカーが入っています。

e0185865_1812261.jpg
 全体像はこんな感じです。まだCO2配管などには改良の余地があるんですが、そちらは追い追いやっていきます。


Canon EOS kiss X5
TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 (Model A16)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-07-22 18:07 | DIY
ヴォルテス交換球について思うこと。
 カミハタさんから発売されたヴォルテス。球を使ったミニ水槽向け照明器具では最大であろう30W照明ですし、ご存知の方も多いかと思われます。

 そんなヴォルテスですが、交換球の早期球切れなどの不具合も多いようですね。アクセス解析を見ても、その手の検索が多く見られます。
 わが家でも、去年4月に導入したばかりのヴォルテスが切れました。とはいえウチの球が切れたのは'11年1月ですので、交換球は保障期間の間は無事だったことになります。
…ただ、1年間もたないとなると不安ですし、意味ないとさえ思いますよね。

ちなみにわが家の設置状況ですが、水面から20cm上に設置・ガラスフタ有りとなっています。フタ付きですので、結露による漏電は無いと思います。


さてここで、僕が交換球について気付いた点を挙げてみます。

1.設置当初の焦げ臭さと発熱
 これは本体付属球(リコール以前)のものだけでなく、今回購入した交換球にも言えることです。
 僕は電気系統はサッパリわかりませんので憶測ですが、球の中の電線自体が電流に耐えられていないんじゃないかと思っています。
 そして発熱に耐えられないと、保障期限を待たずに切れちゃうのかな、と。。。
2.明るさ
 確かに明るいですが、そこまで必要ではないかな、とも思います。…と言いますのも、交換球が届くまでの間は新品のルミノ交換球(24W)を使っていたのですが、割と明るかったのです。
 そしてルミノ交換球は、明るいだけではなくて安い。そして持ちが良いのです。
 そんな訳で、次に球を交換するときはルミノを使います。
 リコールを経てもなお交換球が焦げ臭いということは、そもそも球の構造に欠陥があるんじゃないかと疑ってしまいますし、火事になられては困ります。

 また、ルミノでは新品であっても焦げ臭さや発熱はありませんでした。

 皆さんからは「メーカーに問い合わせてみては?」というご意見を頂きましたが、結局やっていません。
 本当は不具合があったことだけでも報告したほうが良いのでしょうが、より良い球を知っているのでどうでも良いというか・・・。
 新しく交換球を送るなどと言われても、危なっかしい球なんてこれ以上使いたくないです。
 まぁこうして記事に書いているだけで良いかな、と。ここを仮にメーカーさんが読んで、解決の一助になれば幸いです。

 そもそもヴォルテス本体はただの照明器具ですから、それに取り付ける球を選ぶ自由はあると思いますし。



ちなみに、断じて僕はルミノの生産者の回し者ではありません。単純に使用感から比較しているだけです。
実際、本体の見た目はヴォルテスの方が良いと思ってますし。



ちょっとまとまりの無い文章になってしまいました。(- -;
時間があったら加筆・修正を加えようかと思います。

ポチっと、よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2011-02-15 11:44
暗黒孔

e0185865_15294188.jpg

これが一週間で・・・


e0185865_1530673.jpg

こうなりました!!!




すごいな、ブラックホール・・・。
e0185865_15304786.jpg
これは60Pに1袋となっています。
しかし僕の水槽は水量が約半分の30Cですので、上の写真のようにパックを切って半分だけ入れました。


透明になったことで、二次的な効果も出てきました。
ロタラ・インジカはほんのり色づき始めています
枯れかかっていたグリーンロタラも、先日植えた水上葉を含めて綺麗な葉を展開中です。





ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-10-24 15:39 | 寿30C(~2012.07)
アンプル de スコップ
最近はコンテストに出そうとメイン水槽の手入れに注力しているレオンです。

今日はその作業の中から、盛り土の維持に関するお話を。





盛り土は、前景草が生え揃うまでは崩れるものらしいですね。

エビなんかも崩す要因となるようです。



前面に崩れてきたソイルは、ホースで吸い出して盛り土し直すのが通例かと思います。



しかし、30Cのようなミニ水槽だと問題も発生します。

ホースの吸出しは問題ないです。

吸い出す量が少ないので、むしろ楽です。


土を盛りなおすのが大変なのです。

普通のスコップだと小回りが利かないんですよね~。





そこで、またもDIYに頼ることにしました。

e0185865_9181222.jpg

このブログでは、もはやお馴染みになりつつある(?)アンプルの容器を使ったDIYです。

底を切り取り、スコップ型にハサミで切るだけです。


名付けてアンプルスコップ!!!


そのまんまだろ!・・・という突っ込みは無しで。(笑


これならピンポイントで盛り土をやり直すことができます。

切り方次第で、用途は無限に広がります!(通販的な売り文句


ちなみに、上のは失敗作です。

切込みを入れすぎて、土をキープできません。

改めて作り直したヤツの方が機能的だと思います。
e0185865_9261985.jpg


名付けてアンプルスコップ改!!!(しつこい

キャップ部分を切り取って、取っ手部分から更にピンポイントで土を盛ることも可能になりそうです。

そうなった時の新たなフタも含め、改良の余地はありそうですね。





とにかく、ミニ水槽での盛り土の維持に苦心されている方。

是非ともお試しあれ!




ランキング参加中です!
リンク・コメントもお気軽にどうぞ!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-09-28 09:36 | DIY
DIY : ミニプロホース・改
今日も楽しくDIY!(ただしアクア関係に限る)

leon_aquaです。(^ ^



以前に製作いたしましたミニプロホースに、今回は更なる改良を加えました♪

前作はお手軽に作れるバージョンでしたが、底床の汚泥掃除には使えない(長さが足りない)というデメリットが存在いたしました。

今回はそこを改善した上で、更なる使い心地を追求した仕様に変更しました。





吸い込み口の製作

まずは吸い込み口を作ります♪

ご用意いただくのはコチラ。
e0185865_1632198.jpg
以前と同じアンプル材の容器の筒部分を切り取ったもの

そこらにあった18/21mmのアクリルパイプ(15cm程度の長さ)です。


これを接着剤でくっつければ、吸い込み口が完成します。





ミニプロホース改、製作。

それが出来ましたら、ホームセンターやアクアのジャンク品を活用して、以下のものを用意いたします。
e0185865_16355088.jpg

左右
【6/8mmのビニールホースを2本】
長さは各1mを目安にお好みで。

中央
【先ほど作った吸い込み口】
【6mm用の継ぎ手×2】
【5/7mmのシリコンチューブ】
今回は10cm強にしたが、もう少し短くても良い

【エアホース+プラ継ぎ手+キスゴム】
使い方は後で記述



これを

ビニールホース → シリコンチューブ → ビニールホース

の順に継ぎ手を用いて繋ぎます。



最後に吸い込み口をつけて完成です!
e0185865_16452445.jpg







使用法

前作と違うのは、アクリルパイプを使用しているということです。

これにより、鉛筆のようにしっかり持って使えるようになりました。
e0185865_16511052.jpg
しかも透明なので汚泥の吸い取り具合をしっかり目視できる、という特典つきです。


吸い込み量はシリコンホースを使って調節します。
e0185865_1652046.jpg

ビニールホースでは中々調節し辛かったために、この仕様となりました♪



先ほどの材料で余ったエアチューブなどで作ったキットは、アクリルパイプ用のキスゴム代わりです。
e0185865_16541580.jpg

吸い込みはサイフォン式を利用しますが、その際にコレで固定しておけます♪





製作費用

一応製作費用を書いておきます。


ビニールホース2m → 120円(切り売り)

シリコンホース10cm → 53円(切り売り)

6mm用継ぎ手×2 → 198円×2

アンプル材 → 105円(100均にて購入の為)

アクリルパイプ → 不明w(いつ買ったかも覚えていない)

エアチューブなど → 不明w(アクアのジャンク品)

接着剤 → 不明w

合計 654円+α


割と安いです♪ ・・・多分アクリルパイプが一番高いです。





コレを使って本日サブ水槽のメンテを行いました。

使用感は良好です。(^ ^)


汚泥抜きはまだやっていないのですが、アクリルパイプの長さだけの問題ですので解決は容易だと思います。

近々汚泥抜きをやる予定なので、もしもダメでしたら追記しておきます。




ランキング参加中です!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へにほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へにほんブログ村 花ブログ 蘭園芸(らん)へ

[PR]
by leon_aqua | 2010-08-28 17:11 | DIY
Black Frame (キャビネットver.)
前回記事は自己満足全開で少し恥ずかしい、leon_aquaです。
中には「ウゼェ~」とか思われた方もいるかもですね。申し訳ありませんでした。m(_ _)m
って訳で早めの更新です。(^ ^;

1日開けずに更新って意味では、
日付が変わっているとはいえ連投と言ってもいいかも。



まぁいいや、本題に入ります。






先日100均へ行って、900mm×600mm(厚さ5mm)の発泡ボードを買ってきました。
もちろん色は黒。

それを半分に切って(450mm×600mm)、水景撮影用の黒枠を作りました。(^ ^
e0185865_035295.jpg
中心より若干低い位置を30Cの形に切り抜いてます。


早速設置してみます。
e0185865_0362821.jpg
・・・うむ、良いよ~!(笑
左っ側がデコボコなのは、完成品を装着したら壁に当たって、その場にあったハサミで切ったから。(爆
詰めが甘いです。(^ ^;

1枚目の写真にある出っ張りは、水槽に一々貼り付ける手間を省く為の工夫。
e0185865_0414015.jpg
ガラスに引っ掛けるだけでいいので、撮影もラクラクです♪♪♪




最後は正面からのショット。
e0185865_043468.jpg
水槽が浮き上がって見えて良いですね~。
何よりも、余計なものが写真に写らないのがいいです。(^ ^





これから重宝しそうです♪



↓応援、よろしくお願いいたします。(^ ^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

今日の一曲
[PR]
by leon_aqua | 2010-05-24 01:11 | DIY
配管の修正 ~ガラス製品はメンテが命、と今さら気付いた~
今回のコンセプトはタイトルの通りです。
前回の水温騒動の際、フィルター清掃を行いました。
その時ついでなので、以前から考えていた配管の変更を行ったのです。

前に使った写真なので、赤線は無視で。
e0185865_12234157.jpg
・・・バイオレットグラスがありえない汚れ方をしています。(笑


ここまで放置していたのには理由があります。(言い訳とも言う)
吸水側はともかく、排水側のパイプが大変取り出しにくいセッティングになっていたのです。



という訳で下の写真を。(左が変更前、右が変更後)
e0185865_1227026.jpge0185865_12303497.jpg

排水側のみ、配管を変えました。

変更前
2211→ダブルタップ直添キット×2→直角エルボ→給水管
変更後
2211→直添キット×2ダブルタップ→直角エルボ→給水管

・・・以前の配管だと、キャビネットの穴から直添キットも一緒に取り出す必要があり、
非常にやりづらい上にパイプ破損の危険がありました。

今回の変更によって、キャビの穴から取り出すのはタップのみになります。
ですので取出しが容易になり、洗浄をやる気力が湧きます。(笑



New配管の欠点はたった一つ、CO2の添加効率が落ちるかもしれないことです。
縦置きになりますと、T字の部分にCO2が溜まって、泡が大きくなって拡散効率が落ちるかもしれないのです。

・・・まぁ、見苦しい配管をさらすよりは良いですかね。(笑



それと、キャビの穴から出るところにも一工夫。
e0185865_12441299.jpg
一度横に出すことで、スッキリした配管になりました。(^ ^


そして、変更後の全景です。
e0185865_12464187.jpg
ガラスパイプは洗浄したので、オーバーフローパイプと、フィルター付属の吸水パイプを使いました。
オーバーフローパイプは、高さがバイオレットグラス・ミニとほぼ同じなので、替わりとしては非常に優秀です。

もちろん、吸水パイプの方もカットしてます。
e0185865_12534751.jpg
本来ホースを繋ぐ側にストレーナーを取り付け(①)、
反対側はバイオレットグラスと高さを合わせてカット(②)しました。



これで以前からの悩みも解消されて一安心。
心置きなく黒ヒゲコケとの戦いに臨めます。(^ ^
[PR]
by leon_aqua | 2010-05-01 13:35 | ADA30C(~2011)
トリミング後の・・・
水草の処理って大変ですよね。
e0185865_1050286.jpg


普通の網だとガラス面沿いの水草は取りづらいです(^ ^;
e0185865_10522839.jpg



今はガラス面沿いは歯ブラシを駆使して取ってますが、皆さんはどうやってますか?


エビの選別用の網とかを使えばラクかな・・・。(網が浅いし、使えそうな気がします)




本当は水上葉2週間後の様子を報告するつもりだったのですが・・・。
ちょっとトラブったので、報告は見送らせていただきます(涙

裏ブログ『NO PLANTS, NO FISH.』もよろしく。
[PR]
by leon_aqua | 2010-03-15 11:00 | ADA30C(~2011)
GRはMeを助ける。
GRD3、当ブログでのデビュー戦です。
ついでにブログタイトルとスキンも替えて気分一新で挑みたいと思います。(まぁ、これは数日前からなのですがw)
これからもよろしくお願いいたします。




今日はとりあえず下の写真のみで。

この2つ、年末の大掃除の際に行方不明になっていましたがようやく見つかりました。
30Cと水上葉育成に必要なので見つかってよかったです(^ ^




ECA。
e0185865_14401499.jpg


それと、Do!のbe-Bright。
e0185865_14411064.jpg


このボケ具合、流石です(^ ^

お知らせ
[PR]
by leon_aqua | 2010-03-01 15:02 | Aqua Photo
メタルジェットパイプ。
以前more欄で予告していたものを、プロレイザーを使った後で設置しました。



e0185865_2225250.jpg
メタルジェットパイプです。

LANRUOJAUQAさん、正解です。流石ですね~(^ ^



年明けあたりから、資格試験の勉強で忙しくなるので
メンテの必要なものは出来るだけ消し去りたかったんです。




他にも理由があります。

それまで使っていた「バイオレットグラス・ミニ」は・・・

e0185865_2265651.jpg
かな~り昔にチョロっと書いた、麻布のGINSUIさんオリジナルのリリィパイプ磨きを使って磨きましたが、





e0185865_2272911.jpg
あまり綺麗にならないorz

おそらく、バイオレット特有の膨らんだ形状のためでしょう。
(もちろん、導入から2ヶ月も洗わなかった僕にも責任はありますが)
上手くクリーナーが当たらないので掃除できません(+ o +)
これから導入する方は、そのあたりも含めて検討するのも良いかと思います。



まあ前置きが長くなりましたが、そんなこんなで今回のMJP導入となったわけです。




で、いきなり交換後の写真↓
e0185865_22135347.jpg



全景
e0185865_22141355.jpg

・・・ヤハリ目立ちます(笑


まぁ、エーハイムの緑よりはマシです(爆
[PR]
by leon_aqua | 2009-12-20 22:18 | ADA30C(~2011)
   

LEON_AQUAのA面。
by leon_aqua
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 検索
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧