> お知らせ&リンク
タグ:メンテ&トリミング ( 88 ) タグの人気記事
プチ筋トレ
e0185865_23125688.jpg
 水草やメタルジェットパイプなどにフサ状のコケが出てしまいました。一般に富栄養状態で出ると言われるものです。

 対策として、換水を30リットル行いました。明日以降も20リットルほどの換水を毎日続けてみようと思っています。


GR Digital 3

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_Aqua | 2012-07-25 23:15 | 60水槽2012.07~
コケは嫌いだ
e0185865_22573627.jpg
 60水槽のメンテナンスをしました。


【換水・足し水】
 水を抜く際、油膜も一緒に取りました。
 ・換水→beソフト水 6リットル
 ・足し水→RO水 4リットル

【トリミング】
 コケが付いてしまった水上葉のヘアグラショートや、クリプト・ゲッコーをカットしました。


【観察と今後の予定】
 いい加減にオークロの行き場を決めなければなりません。なりませんが・・・未だに左隅に植えるか流木の際に植えてツタっぽく絡むのを期待するかで悩んでます。
 どうもガラス面にまたもやコケが付いているような気がします。この水草の量にイニステ20gとマルチボトム1本は多かったんでしょうか・・・それとも実はプラスチック濾材による濾過が安定していないのか・・・。とにかく、明日にもガラス面のコケ落としを行います。


 有茎草がジワジワと伸びています。この勢いがグロッソに波及すればこの水槽は大成功なんですが、どうなることやら。


GR Digital 3

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-07-19 23:10 | 60水槽2012.07~
【30キューブ】リセットから1週間、メンテナンス記録
e0185865_14372367.jpg

 30キューブ水槽のメンテナンスをしました。

【照明位置の変更】
 添付写真の通り、かなり高い位置にしています。陰性水草オンリー&CO2添加無しなので、これでも良いかと思っています。メンテナンス時に手を入れるのも楽です(実はこっちがメイン)。

【足し水&換水】
 冷却ファンによる蒸発分をスーパーのRO水で、換水を“水道水:beソフト=6000:1(単位はml)”の水で行いました。
 これからはメイン・サブ共に、この換水方法でやっていこうと思います。

【吸水口の変更】
 スポンジを取り付けました。見た目よりもメンテ性を重視です。・・・そのうちメイン水槽は見た目重視に切り替えたいところです。そのうち。


GR Digital 3

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-07-18 14:48 | ADA30C (2012.07.11~)
be-Softを使ってみる
e0185865_21241184.jpg
 今日はHANABIと一緒に、ADAのbeソフトを買ってきました。リーズナブルなpH・KH降下剤です。

 発売が相当前なので他のブログなどで散々レポされていますが、まずは水道水で試してみました。パッケージの用法では20L:3.5mlとなっていますが、20Lも要らないので近似値として6L:1mlです。
添加前=pH7.4、KH2.0
添加後=pH6.5、KH2.0

 pHは問題なく下がります。KHはAMラボ試薬が1.0刻みなので変化が無いようですが、beソフト添加後は試薬の一滴目の時点で一瞬変化した感じです。KHも若干下がって1.5と言っても良いのかもしれません。

e0185865_2123503.jpg
 早速その6Lの水で換水してみました。

添加前(18:00、照明点灯から1時間後)
水温 26.4度
pH 7.5
KH 4.0
GH 5.0

添加後(21:20)
水温 26.8度
pH 7.3
KH 4.0?

 pHは下がっていますが、CO2の効果かも知れませんので確証がありません。消灯後にやるべきだったかも。水道水での実験と同様に、KHが若干下がっているような反応がありました。しかしこれはプラシーボ効果かもしれません。


 これ以外の報告事項としましては、昨夜CO2が止まっていることに気づいてセットし直したことと、夜間エアーレーションを始めたことくらいです。
 あ、それとグロッソが新葉を出し始めました。


GR Digital 3

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-07-15 21:42 | 60水槽2012.07~
零内
e0185865_9115785.jpg
 昨日の水槽の様子です。
 セット時の写真が無いので僕の感覚の話になりますが、ロタラ…特にインレーロタラは既にしっかりと成長を始めているみたいです。
 インレーは育てやすくて使いやすくて良い水草ですね。肥料さえ与えれば多少のイジケからは回復してくれますし、水質の許容範囲も広いと思います。仮に値段が高くても、恐れずに1本から始められる水草ですね。

 そうそう、ラヌンクルス・イヌンダタスは随分前に溶けてしまいました(´;ω;`)
 何が原因だったのか・・・いずれ再挑戦したいです。


 さて、ここ2日間は油膜が酷いです。リセット時に埋めた肥料の染み出しかも知れませんが、水温上昇の可能性も高いです(夜に水温が下がりきらず、そのせいで昼間の水温が高め)。
 僕がとる対策は、カップで掬い取るというその場凌ぎ一択です。キッチンペーパーという手段もありますが、ウチでは勿体無いので禁止されています。

 昨日はそれに加えて、ガラス面のコケ取りをしました。よくある茶ゴケです。今この水槽には貝類がいないので、完全に手作業でやるしかありません。
 エビもいないので、今後を考えると少し怖いです。無コケ管理は出来る自信がないので、近いうちに導入したいです。


GR Digital 3

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-07-14 09:27 | 60水槽2012.07~
60水槽リセット 7月8日~11日【完了・・・?】
 続きましては60水槽リセットシリーズ、一応ここで完了となります。

7月8日
 ロンボケの残りを全匹導入しました。全部で9匹です。本日の段階で、1匹だけエサと消灯後の時間しか前に出てこないのが少々心配です。

 水草を追加植栽しました。
・グロッソスティグマ(水上葉)
・ショートヘアーグラス(水上葉)

 組んだ流木の隙間にロンボケが挟まるのを防ぐため、隙間を大磯砂や小石で塞ぎました。


7月11日
e0185865_21164320.jpg
 ブセの西カリとクア2を入れました。シンタンは30Cで育成中ですので、向こうで増えてから考えます。
 少し溶岩石が目立つかな・・・。流木の色の違いほどじゃないですが。


 まだオークロの行き場が決まっていないんですが(浮いてる)、一応これでリセットからの一連の流れは終了とします。今まで一度もレイアウトを完成させたことが無いので、とりあえずこれを完成させることを目標としてみます。


 30Cの記事と同様、スペックはmore欄のほうに。


Canon EOS kiss X5
TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)
焦点距離:約35mm


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


more(60水槽スペック)
[PR]
by leon_aqua | 2012-07-11 21:32 | 60水槽2012.07~
30キューブ水槽リセット
 こんばんわ。今日は2本立てになります。

 まずは30Cからですが、本日リセットを行いました。
 祖母宅に置きます。祖母はレイアウトには全く興味が無く、魚やエビが気持ち良さそうにしていればそれで十分に楽しいようです。なので活着系水草のストック水槽にすることにしました。

e0185865_20432792.jpg
 眠らせていたADA30C水槽です。
e0185865_20433388.jpg
 まずはイニシャルスティックを撒きます。量はこれくらい。フタにすり切り一杯で40g、60水槽程度だそうです。今回はその3分の1程度にしました。
e0185865_20433932.jpg
 撒きます。
e0185865_2043468.jpg
 大磯砂を入れます。これは以前にギバチ君水槽で使用していた、粒が若干大きめのものです。レイアウト水槽には入れられませんので、この水槽で使います。
 今回は一切盛っていません(普段から大して盛っていないのはスルーしてください)。活着ストックですしね。

e0185865_20435484.jpg
 いきなりですが、水を入れて水草を投げ込んで、並べてから魚とエビ(ミクロラスボラsp.HANABIとヤマトヌマエビ)を入れ、フィルターを回して完成です。魚のキープ水槽から飼育水を全量入れただけですので、非常に早く終わりました。

スペックはmore欄に載せておきます。


Canon EOS kiss X5
TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 (Model A16)
焦点距離:約35mm

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


more(ADA30キューブ水槽スペック)
[PR]
by leon_aqua | 2012-07-11 21:08 | ADA30C (2012.07.11~)
新旧NAスタイルを同時に楽しむストック水槽、完成。
 30キューブに水草を配置しました。基本はストックなので、それらしく配置しています。

e0185865_230835.jpg
 正面から。古典的NAイメージ。テネルス(水上に上げたもの以外はロストしたと思っていたら、繁茂した水草の中から出てきた)とクリプトコリネ・ゲッコーの配置を、前回の写真の後で変えています。

【前景】 ブセ(クア2と思ってたけどクア1?)、エキノドルス・テネルス、アヌビアスナナ・プチ、オーストラリアン・ドワーフハイドロコタイル
【中景】 アヌビアスナナ・ゴールデン、アヌビアスナナ、ブセファランドラ西カリマンタン
【後景】 インレーロタラ、ミクロソリウム・ナローリーフ、クリプトコリネ・ゲッコー、アヌビアスナナ・アイズ


e0185865_2392728.jpg
 右サイドから。以下の通り、葉っぱの大小で奥行き感を演出しています(若干過剰な気もしますがw)。
【ブセファランドラ】 西カリ→クアラクアヤン
【アヌビアス】 アイズ→ノーマル&ゴールデン→プチ
【ロゼット型】 クリプト→テネルス

 ただ、この配置だとインレーロタラが奥行き感をぶち壊しそうなので、(正面から見て)左奥→右奥へと植え替えようかと思っています。あまり掻き回したくはないので、水面に到達してからにしようかと思っています。



今回、アヌビアスナナ・アイズの20cm程度ある大株が余ったので、希望者がいたらプレゼントしようかと思います。
写真はまだ無いのですが、とりあえずこの記事のコメ欄で仮募集を行います。
1人でも興味ありとのコメがあったら、写真をUPして本募集をかけようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-05-12 23:23 | 寿30C(~2012.07)
生体移動なんてしていたら、当然のごとくリセットが始まる。
 祖母宅の60OF水槽を水草水槽に変更したのは数回前の記事で書きました。その後はコケ取りに入れたヤマトヌマエビ1匹しかおらず、祖母が随分と寂しそうでした。
 しかし、かといって新規の生体をお迎えできる状態でもなかったので、30キューブ水槽からハナビ3匹、ヤマトもう1匹、ミナミヌマエビありったけを移動させることにしました。
 
 ※書いていませんでしたが、ヒーター故障事件が数ヶ月前にあって、それ以外の生体(プリステラ7匹、ハナビ2匹、ブルーネオン)は☆になってしまいました(´;ω;`)


 とにかく生体の移動をしたわけですが、、、


e0185865_0133113.jpg
 ・・・こんな感じです。全部の水草を抜いてからでないと捕獲できず、ついでに底床の汚泥抜きを行ったりして結果として半リセットになりました。
 真ん中にはドーンとアヌビアス類が居たんですが、あまりにも大きくなりすぎていて、時間が無くて処理できませんでした。
 そもそも去年12月にアヌビが大きくなりすぎたと思いトリミング&巻きなおしを計画していたんですが、利き手を骨折してしまって出来ませんでした。それから4ヶ月経過していたわけで、そうなっているのは想像できた話ですけど。

 ちなみに、アヌビアスナナ・アイズ(ノーマルより一回り大きい種)の根茎はこんな感じになっていました↓
e0185865_017356.jpg
e0185865_0174885.jpg
 太さも長さも、例えるならボールペン並みでした。



 ちなみに、新たな水景(?)は底床を左奥に向けて盛り土しています。これは置き場所の関係で、右サイドからも見られる水景にしてみたかったからです。
e0185865_0271642.jpg
 右サイドからの眺めはこんな感じです。

 一応、メイン方向からは昔からのNAスタイル、右サイドからは近年のNAスタイル(手前に大きい水草、奥に小さい水草)といった感じに出来ればと思っています。あくまで、あくまでも予定です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2012-05-09 00:47 | 寿30C(~2012.07)
株分け時の細石巻き、レオン流。
先日・・・と言っても結構前になるんですが、ブセなどの活着水草の株分けを行いました。
今まではビニタイを主に使っていたんですが、今回ある細石巻きの方法を思いつきましたのでテグスで巻いてみました。その結果、思いのほか上手くいきましたのでご紹介したいと思います。(既出だったらスミマセン)

e0185865_17335475.jpg
 テグスだと見難いので、ビニール紐です。
 まず最初に、テグスで輪っかを作ります。上の例のように結ぶと、結び目じゃない側を引っ張ることで締め付ける動作が出来るようになります。
 結び目側のテグスは長めに伸ばしておいてください。
e0185865_173749.jpg
 結び目を作ったら、細石と株を用意します。(懐中電灯=細石、株=鉛筆、と考えてください)
e0185865_17393159.jpg
 株を細石に乗っけて、輪っかで締め付けます。
e0185865_17421184.jpg
 やっていただくと分かりますが、これ一回だけで十分なくらいに固定できます。
e0185865_17422879.jpg
 締め付けで引っ張ったテグスを、引っ張った方向と逆側に巻きます。これは実際にやっていただくと分かりやすいですが、そうすることで多少締め付けを強化できます。・・・出来てる気がします。
e0185865_17453366.jpg
 一回転させたら、結び目側のテグスと結び合わせて完成です。
e0185865_17471626.jpg
 表の株側はご覧の通り2回しか通していませんが、十分に固定できるはずです。

 大幅に作業時間を短縮できるほどではありませんが、テグスの節約になりそうなのでご紹介しました。


 大きい石に大量に巻く場合は、ほんだしさんのようにやってみようかと思っています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

[PR]
by leon_aqua | 2011-11-18 17:57 | 寿30C(~2012.07)
   

LEON_AQUAのA面。
by leon_aqua
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> 検索
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧