> お知らせ&リンク
> スネール駆除に、結局“アレ”を使った。(笑
はいどうも、更新頻度上昇中のleon_aquaです。


ヘビーなLEON_AQUA読者の方(そんな方がいれば、だが)でしたら
タイトルだけで想像つくかも知れませんが、そこは我慢してください。(笑






今日はスネール駆除中の玄関水槽を弄りました。


突然ですが、
貝はカルシウムで作られます。
という事はカルシウムの供給を断ち、更に消費することで
スネールは生きることが出来なくなるはずです。

ちなみに、
供給を断つ=換水・足し水をしない(最低でも控える)
消費する=水草を成長させる(その過程でカルシウムも使われる)
と僕は考えています。



1番目は簡単なので良いのですが、
消費させるのは一工夫が必要です。

この水槽にはミクロ類とアヌビアス類しか入っておらず、さっさと消費させるには心許ないです。
ですので、水上葉のオークロにご協力を賜りました。 ・・・2欠片だけ。(笑



その上で、まずは玄関水槽の水質をチェック。
pH=7.4  KH=4.0  GH=4.0

・・・軒並み高いですね。(^ ^;
これでは水草も、うまく光合成できません。


そこで、ヤツを使いました。



pHを下げるもので、leon_aqua御用達と言えば・・・・・・






そう、
クエン酸!

中にいた唯一の生体、ミナミヌマエビをメイン水槽に逃がした後で
適当に5グラムほど投入しました。(^ ^


これでpHを下げて光合成、ひいては成長を加速させてカルシウムを使い果たす計画です。




2時間ほど経って水槽を覗いてみると・・・


e0185865_21133088.jpg
・・・気泡が出てます!!!

最初は酸性化したため、溶岩石の一部が溶け出したのかと思ったのですが、
どう見ても水草から出てました。(^ ^

ちなみに再び測った水質は・・・
pH=7.0  KH=4.0  GH=4.0

pH“だけ”が下がっています。
とりあえず、それだけでCO2濃度が上がっているのは確実なので構いませんが、硬度の変化が無いのは不思議。

ひょっとして既に消費されたのか?


 追記:CO2濃度に関しましては、aquamind laboratoryさんの「KH測定試薬」の項に詳しい記述が載っています。




ちなみに、土曜日の駆除開始以降で3匹のスネールを発見・駆除しています。

今日はまだ見ていないのですが、ひとつ気になることが。

スネールの卵ってどれくらいの周期で孵化するんでしょう?
・・・それが分かれば駆除を止めるタイミングも掴めるんですが、知ってる方いらっしゃいませんか?


とにかく、こんな感じで水質を見ながらクエン酸を徐々に加え、スネールの成長を阻害していこうと思います。(^ ^





あ、そうそう。 これだけは言っておかねば。

このやり方を真似されて生体・水草に被害が出たとしても、当方では責任を負いかねます。
実践される方は、ご自身の責任でお願いいたします。






↓応援、よろしくお願いいたします。(^ ^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
[PR]
by leon_aqua | 2010-05-24 22:00 | 寿30C(~2012.07)

LEON_AQUAのA面。
by leon_aqua
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> 検索
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧