> お知らせ&リンク
> 【大磯プロジェクト】 酸処理をやってみました。
未だ風邪気味、体調管理が下手くそなleon_aquaです。



そんな話は置いておきましょう。(笑
今回の話は大磯砂で水草をやるにあたってのメインイベント(?)である、
酸処理の話です。
今回の処理につきましては、■GOOD AQUA■さんの「Q&A」のコーナーを参考に致しましたが、
一応ここでも僕がやった手順を書いておきます。



初日
大磯砂(6L)を20Lバケツに入れて、水を張ります。
e0185865_11323559.jpg

そして、つぎにクエン酸を用意します。(今回は50g)
*食酢でも可能らしいですが匂いがキツイですし、クエン酸も100均で手に入りますので今回はこちらで。
e0185865_11411928.jpg
ちなみに、50g≒50ccといった感じです。
要は酸処理できればよいのですから、正確なグラムを出す必要は無いと思います。
はかりが無い場合は目安にしてください。(^ ^

そして、このクエン酸を水(ぬるま湯)に溶かして先ほどのバケツに投入します。
e0185865_11455672.jpg
ぬるま湯に溶かすのは、バケツの水全体にクエン酸を行き渡らせる為です。
投入したら、よくかき回します。
以上の行為は、洗濯の時に液体洗剤なら溶け残りが無い、というイメージをすると解りやすいかと思いますw

・・・以上で、初日の作業は完了です。


2~4日目
1日に1回ほどかき混ぜます。
攪拌して、溶け残りをなくすためです。

それと、水質検査も行いました。(画像は2日目のもの)
e0185865_120212.jpg
*もし検査で中性に傾いていたら、さらにクエン酸を投入してください。
↑中性になっているということは、大磯砂の中の貝殻が多く、溶け切っていないということです。
・・・今回はそんなことも無く酸性をキープしました。


5日目
e0185865_120368.jpg
水質は相変わらず酸性です♪
むしろ酸性に傾きすぎですね。(クエン酸の入れすぎ)
酸処理当日にデッカイ貝殻を見つけたので、念のためと思ったのですが杞憂でした。(笑

5日目にしてこの酸度という事で、もう十分だと判断しました。
大磯はクエン酸溶液から掬い取り、よ~く洗浄します
・・・洗浄しないと、せっかくの大磯の特徴(水質に影響を与えない)が台無しですからね。(笑
e0185865_1211479.jpg
・・・底には白い沈殿物がありました。
おそらくこれが、貝殻が溶けてできたもの(クエン酸カルシウム?)でしょう。
これももちろん取り除きます。(^ ^

ちなみに、大磯砂は洗った後に一晩水に漬けておいて水質を測ったほうが良いですよ。
e0185865_1271288.jpg
僕も念のために測ったら、洗い方が甘くてまだ酸性を示してました。(^ ^;;;




以上で、酸処理は終了です。
簡単に済ませるつもりでしたが、意外と長くなっちゃいました。(汗
やっぱり文章能力がないですね。(笑


その後の後始末についてはmore欄で。





酸処理が終わった後のクエン酸溶液ですが、
e0185865_1223238.jpg
まだ酸性なので、先日買った大磯(7厘)を処理するのに再利用してます。
先ほどの大磯砂は粒が大きすぎたので川魚水槽の底砂に使いました。(^ ^


それと余ったクエン酸ですが、ガラス蓋の白い汚れを落とすのに大活躍してます。(^ ^
・・・まぁ、あの汚れってカルシウム分らしいので当然ですが。(爆
食酢などと違って匂いも無いのによく落ちるので、ガラス蓋をご利用の方にはオススメですよ♪♪♪

ただし、水槽内に入れても平気かは知りません。(笑
むしろ誰か教えてください。(爆

・・・無害なら黒ヒゲ対策にも使えないか試してみたいので。
[PR]
by leon_aqua | 2010-05-05 12:32 | Project "O"

LEON_AQUAのA面。
by leon_aqua
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> 検索
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧