> お知らせ&リンク
> 自作 30C専用ライトスタンド
昨日接着を終えましたので、改めて製作工程を公開したいと思います。
とは言うものの、作業に夢中で写真を撮ってない部分もあります。
その点ご留意ください。




材料(工具含まず)
オールステンレスパイプ 19mm(直径)×1820mm(長さ)・・・2本 (1500円弱×2)
                19mm(直径)×910mm(長さ)・・・1本 (800円弱)
エルボ×4つ (約300円×4)
三又エルボ×4つ (約400円×4)

接着剤(500円程度)
 合計7100円
・・・これに工具を足しても1万円程度ですので、既製品を買うのと同等か、少し高い程度だと思います。
結局は自己満足の世界なので僕は気にしてませんがw



製作工程
まずはパイプをバイス(万力)に固定します。e0185865_1127207.jpg
僕は傷を付けたくなかったので水槽の下に敷くウレタンマットで保護しました。
が、これだと不安定になるのでおすすめはしません(笑


次にあらかじめ決めておいた長さに印をつけます。e0185865_113117100.jpg
この作業は先にやっておいても構わないと思います。


そして、いよいよパイプカットです。・・・・・・いや、そういう意味じゃないです。e0185865_1132488.jpg
まずは軽く閉めて溝を付けます。
浅すぎるとねじ切りみたいな溝が付いて失敗するのでここだけは注意です。


溝を付けたら、少しずつ深くしていきます。e0185865_11351439.jpg
少し閉めて、数回回して・・・と繰り返していくとポキンと取れます。



材料を切り出したらいよいよ接着です。
本当は「agua journal」さんの記事みたくビス固定にできれば
パイプの長さを替えるだけで多様な水槽に対応できるのですが、
工具が無かったので接着剤固定にしました(^ ^;

接着の際は下の写真の接着剤で、e0185865_11412996.jpg
直角や・・・


e0185865_1142211.jpg
垂直を出せるところで接着しました(^ ^




そして、1日以上固定して完成です。
e0185865_11435990.jpg
・・・写真を撮っても同じなので「仮組み」の時の写真です(^ ^;;;



製作時のポイント(leon_aqua流)
①エルボは、片側にはパイプが深く・もう片側には浅く入るので、その差を計算に入れてパイプを切断する。
②台座部分は、前後左右全て1cmの隙間を設ける。(今回は少し計算ミスして、ずれてますがw)
 →地震時にスタンドの変形による圧迫で、水槽が割れることを防げる。
 →水をこぼしても拭きやすい。



・・・以上です。


そうそう、以下の文章も読んで頂かねばなりません。
このDIYを真似される方は自己責任でお願いいたします。
もし万が一のことがあっても当方では責任を負いかねます。


あとは水槽の移動だな~・・・。メンドクサイ。(燃え尽き症候群)
[PR]
by leon_aqua | 2010-04-06 11:57 | DIY

LEON_AQUAのA面。
by leon_aqua
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> 検索
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧